FC2ブログ

--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016-08-04

昨夜は



※写真は、カッコいいあすか

撮影/まどか


この『ライブ18』で、人生お初で照明オペレートに挑戦しているみゆきです。

7月ライブを何とか越え、8月ライブに向けて精進しています。


昨夜は本番3日前、この時期は、制作はお客さんを増やすことに加え、受付準備、舞台側は役者とテクニカルスタッフの呼吸合わせを、詰め詰でやっています。


役者がアップしてくると、音や明かり(照明)が入るタイミングや消え方など、色々変わってくるし、音や明かりが変わればまた、役者も変わる。

この相互のアップを図りながら、ベストを探るのです。


昨夜は音響と照明を中心にした稽古でした。

役者さんにお付き合い頂いて、まずは7月ライブ同様に出してみる。



つまらない。



心が躍らない。



そう、7月の演出に飽きちゃったんです。

7月はその時のベストでやったけど、誰もがもうそれでは満足いかないのですね。


ここからが一揆の芝居づくり。

7月とは音響オペレーターが変わり、機械操作から覚えるところから始まることを良いことに、次から次に、こうしようかと意見が出され、キュー(出すきっかけや出し方)が変えられていく。


音の編集をしていなかったことにも気づき、急きょあすかが編集。

ヘッドホンをして真剣にパソコンに向かうあすか先生です。(写真)

カッコいいでしょ。


一人かけた役者の代役は、4年ぶりに復活してきた、まどか。

台本初見でも、次々と感情が入り表情が出てくる。

繰り返すたびに変わる声と表情は、表現したくて堪らない人の証し。


代役なのにダメと要望が出る。

それを普通に受けて応えようとするまどか。

もうこうなると代役かどうかなんて関係なくなる。

この瞬間、芝居をどうつくるか、それだけ何ですね。


それは、まどかと絡む志乃舞ちゃんにも伝わり、志乃舞ちゃんもどんどん変わっていくんです。

それが、照明卓から見ているこちらにもビシバシと伝わってくる。



ところで、8月ライブは、音響さんが変わります。

一揆のファンクラブ会員の『立岩亭つるべ』さん。


音響さん探しに必死になっていた本番10日前、最後の頼み綱だった方から電話が入った。


『やっぱダメだった。当日出張入っちゃったわ~札幌にいない。すまんね』


…当日が空けられないのなら、もうどうしようもない。

それでも何とか出来ないかと言えば相手を困らせるだけだ。


でも、もう団員の知り合いの音響経験者は辺り尽くしてしまったあとだった。


電話を切った瞬間に私の頭に浮かんだのが、今回の音響さん。

浮かんだ側からスマホのアドレス帳を開いていました。


「もしもし、つるべさん?あの、8月ライブで音響オペやりませんか?

前日の5日にリハなので、5日6日7日と稽古場に来ていただければと、あとはその前に稽古見学と機械操作を覚えに来ていただければ大丈夫かと。

実は、最後の頼みの繋が今切れまして…」


「音響?オレやったことないしなあ…それに、本番日は開けられるけど、5日は無理なんだよ、その前も色々入っちゃっていて…」


「本番日空けられるの~♪」


みゆきに希望の光が射した瞬間だった。


そこから先の会話は、8月ライブの本番後にお伝えします。

が、やはり、追い詰まって、それでも何とか解決しようとしたときの人間て、出てくる言葉が違う。


今思い返すと、ものすごい合理的なんだかとんちんかんなんだかわからない、紙一重辺りの言葉を連発して、OKをいただきました。


困ったときのファンクラブ。

もう、ほんとほんとにありがたいです。

こういう方々に私たちは支えられて、22年間続けて来られたし、今も諦めず、舞台をやれているのです。


かくして昨夜は、機械操作を覚えながら、音量レベルをきめながらの、更に役者と照明の合わせをすることになったつるべさん。


演技が変われば音響だって変えなきゃならない。

という、E何度の稽古を、高い意識と集中力で、次々とこなしていくつるべさんと、みっちり4時間の稽古をしたのです。


次々と変化する役者と、高何度なことを要求されても応えようとする音響のつるべさんに感動して、つい熱が入ってしまい、訳のわからん明かりを出してしまった私。


みんなからどしたー?と総つっこみ。

やりたいことを手掛けてみたら、手数が足りなくなって、本来出すべき明かりが出せなくなっちゃったのねです。


ここら辺が、計算できない無知のど素人なのですね。

やってみて初めて理解する。


さて、そんな私たちのつくる舞台。

本番はどこまでの物になるのか?

お楽しみに!


お席はまだまだ余裕でございます!


みなさんぜひ、今週末、6日(土)7日(日)、観に来てくださいませ。

7月を逃した方はもちろん、いらっしゃった方も。


お客さんとして私たちの舞台を支えてください。


よろしくお願い致します。



みゆき


スポンサーサイト

2016-07-07

母ちゃんDIY




母ちゃんがおもむろに、ライブ本番で使う、演目を垂らす台の修繕を始めた。

そこへ父ちゃんが来て、手を貸し始めた。


そのとたん、母ちゃん

『どうしてあんたがそこにいて、私がやっているのよっ!』

と、文句を言い始めた。


機嫌でも悪かったのだろう。

父ちゃんは滑降の餌食に。

大変そうだから少しでも楽になればと手を出したのが運のツキ。


の図。


なんてね。


でも、ぽいでしょ。


昨日の夜中に、稽古場で繰り広げられていた光景です。


母ちゃんは響ちゃん。

役としては本物です。

7月ライブ限定演目の1つ、『選挙権って?』~選挙に行こう~

という寸劇中で、響ちゃんはお母さんとして登場。

衣装を着て稽古待ちの間に作業。

一寸の間も無駄にしないスタッフ魂はさすがです。


父ちゃんは、団員ではないけれど、今回一緒につくるメンバーの一人で、ふじやん。

近年ではお馴染みですね。

人手の無さから、音響となぜか照明も撮影も同時に?!やることになってしまったのですが、快く引き受けてくれて、ほんとにありがたい限り。


さて、明日はいよいよ本番日。

今日は、朗読劇『紙ひこうき』をつめます。

昨夜は音響と照明が入りランスルー。言い感じに仕上がってきました。

もうちょっとで泣ける…


みなさま!ぜひ観にいらしてくださいませ。


みゆき


2016-07-02

続き2◆今日はパズルと客場づくりの日



取っ手をなおす熊ちゃんと、出来上がった客席。


2016-07-02

続き◆今日はパズルと客場づくりの日



写真の容量が大きくて添付出来ないので別けて載せました。


取っ手の取れた掃除機のアップ写真と、掃除機を抱えて志乃舞ちゃんについて行く熊ちゃん。


2016-07-02

今日はパズルと客場づくりの日



ここでも何度も紹介したことがあるが、稽古場を劇場にするのには、あちこちと荷物移動をかけ、納めるべきところに納めることが必須。


移動する物が何かはもちろん、移動する順番も大事になってくる。何か1つでも狂えば、どこかに支障を来し、進まなくなる。段取り8分どころか9割を占めると言っても過言ではない。


それがまるでパズルをしているみたいなので、一揆ではパズルと言っている。

このパズルをしないと、客場が作れないのだ。

客場に限らず、楽屋、受付、舞台など、全てのブースがつくれない。


しかし、面白いことにパズルをしてしまえば、粗方ブースも出来上がってしまう。

まあなんのことはない、物量に対して場所が狭く、各ブースは移動かけながら納めるべきところに納めないと、 身動きが取れなくなるのでそうするしかないって話…


そんなわけで、本番前の一大イベントなのだ。


今日はその、パズルの日。

粗方もの移動が終わり、客席を作るべく、物がなくなり空いた平台の上に掃除機をかけようと、志乃舞ちゃんが勢い勇んで掃除機を持ち上げたその瞬間、『あれ?』志乃舞ちゃんの手にあったのは取っ手だけ…

面白かったので思わず写真を捕りました。


その後は、パズルのために蘭越から駆けつけてくれた熊ちゃんが、掃除機本体を抱えて志乃舞ちゃんの後をついて回ることに。

それもなんだか可愛くて可笑しかったのでパチリ。


かくして取れた取っ手はあとで熊ちゃんがきっちりはめてくれました。


客席も順当に出来上がり、劇場らしくなってきました。


本番まであと、6日。

あとはこの席に座ってくださるお客様がいらしてくださること。


ぜひ皆さま、いらしてくださいませ。


みゆき


最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
QRコード
QRコード
リンク
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。