--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011-11-23

【輝&響、客演情報!!】

しょうこです。

来月12月4日(日)、橋場輝、杉本響が「飯田演劇事務所」さんの創立3周年記念公演に客演として参加します!


==舞台の詳細はコチラ!==

tani_no_kage_bira1.jpg
tani_no_kage_bira2.jpg


■飯田信之演劇事務所 創立3周年記念公演
『谷の蔭』
J・M・シング作/木下順二訳

■日時
12/4(日) 14:00~/17:00~
(開場は各30分前)

■場所
札幌市生涯学習センターちえりあ 6階講堂 (地下鉄東西線宮の沢駅直結・札幌市西区宮の沢1条1丁目1-10)

■料金…前売 ()内は当日料金
一般 1800円(2000円)
高校生以下 1000円(1200円)
友の会アルパ会員・65歳以上の方 1500円(1700円)

■チケット取り扱い
大丸、教文、道新各プレイガイド・飯田信之演劇事務所

■問い合わせ
飯田信之演劇事務 TEL/FAX 0116662986

飯田信之演劇事務所ブログはコチラ

脚本家、J・M・シングについてはコチラ(wiki)

===

響は念願の初客演、輝は昨年の夏に続き、飯田事務所2回目の客演です。

当日はお芝居だけじゃなく、アイリッシュ音楽の演奏や、アイルランドの昔話の朗読なども行われます。

一揆日記をご覧の皆さま、輝ファン、響ファンの皆さま、文学好きの皆さま、アイルランド好きの皆さま、ぜひぜひ足をお運び下さい。


*********


そんなわけで、先日、まどか&しょうこのみそじーず組で、稽古の取材を兼ねて見学に行って参りました。


飯田演劇事務所の稽古場は西区の小さな元喫茶店。

レトロなものがたくさん置いてあって、ちょっとわくわくする空間です。

ここで詩の朗読などもやっています。



tani_no_kage_1.jpg

稽古前、飯田事務所の看板役者、工藤剛さん(左)に演技指導を受ける輝、響。

大先輩の指導に、超良い姿勢で話を真面目に聞く2人。

一揆稽古場でこんなにいい姿勢で演出の話を聞く2人がかつていたであろうか…。

いや、いない、多分。

tani_no_kage_3.jpg

『谷の蔭』は約100年前に書かれた古典喜劇。しかも翻訳は『夕鶴』の木下順二。
とってもセリフの難しいお芝居です。
2人ともセリフに苦戦中…。


tani_no_kage_2.jpg

このお芝居、輝&響の絡むシーンがものすごく多いです。

2010年の『ブンナよ、木からおりてこい』で、蛇とねずみのからみにぐっと来た皆さま、今度はがらりと雰囲気の違った2人が観られます。

輝ちゃんのよれったスナフキン風衣裳、響ちゃんの「おかみさん」衣裳、私服かと思うくらい似合います…。



tani_no_kage_4.jpg

おまけ。
稽古前、じっと考え込む工藤剛さん。

背の高い、とってもダンディーなおじさまです。


本当はもうおひと方、おおたきけんぢさんという役者さんがいらっしゃるのですが、写真が手ぶれてて載せられませんでした(涙)

ごめんなさい…。


お話は不条理さと滑稽さがうまーく入り混じった、すごく面白い内容です。

輝、響の一揆で鍛えた?コメディアン&コメディエンヌ的素養が発揮されることに期待!



本番2週間前、奮闘してる2人の様子は団員日記で!
励ましメッセージもお待ちしています♪


俺の空-輝の日記

響の足跡-響の日記


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
QRコード
QRコード
リンク
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。